ITPub博客

首页 > IT职业 > IT生活 > 面接術の心得(二)

面接術の心得(二)

原创 IT生活 作者:polalisi 时间:2007-08-27 18:59:48 0 删除 编辑

3、あなたの職業観や将来像に対する質問

(1)なぜ当社を志望するのですか(志望動機)?

この会社で何がやりたいのかということは、企業側が最も知りたいことの一つです。なぜそれをやりたいのか、仕事を通して何を実現したいのかという目標も問われます。入社意欲の強さ、仕事に対する意識の高さ、情熱の有無も面接官はチェックします。きちんと情報を集め、企業分析し、当社の業務内容を把握しているかも判断されます。

なぜその会社を志望するのか、その理由と入社意欲をアピールする必要があります。面接では非常に重要視される質問です。事前に回答を準備し、真面目に答えましょう。仕事を通じて何をやりたいのか、どんなことを達成したいのかという職業観も語る。具体的にどんなことをやりたいのかを語ることができれば、高い評価を得られます。

(2)当社で具体的にやってみたい仕事を教えてください。

その会社の業務内容、また会社を取り巻く業界の動きを把握しているかという質問です。やりたいことについて、どこまで具体的なビジョンを持っているかがチェックされます。あなたの志望意欲の強さ、やる気、本気度、真剣さを面接官は見ています。

職種を答えるだけでなく、具体的にどんなことをしたいかを述べることが大切です。なぜその仕事をやりたいのか、その仕事を通して何を実現したいかも語りましょう。しっかりと企業分析を行い、具体的に語ることができれば高い評価を得られるはず

(3)その仕事にはどんなスキル(能力)が必要と考えていますか?

その仕事の業務内容、本質を正確に把握しているかを面接官は見ています。情報収集と分析力、仕事に対する姿勢や考え方、職業観などもチェックされます。どんな内容をどんな風に語るかで、あなたの頭の回転力やかしこさを判断します。

きちんと情報収集、企業分析を行い、その仕事の業務内容、本質を正確に把握しよう。志望動機の本気度がはっきりと現れる質問です。じっくり考えて答えるようにしよう。

(4)どこで当社のことを知りましたか?

どこでどのようにして当社のことを知ったのか、面接官は知りたがっています。あなたの情報収集力や分析力、仕事に対する考え方などもチェックされます。

どこでどのようにその会社のことを知ったのか、そのまま答えましょう。知ったきっかけを語るだけでなく、なぜ志望するのかという動機も絡めましょう。就職活動ではどのような方法で情報を集めているのか、情報収集力もアピールする。

(5)当社の印象を教えてください。

どの程度情報収集し、分析し、その会社を知っているかということが問われています。情報収集力と分析力にあなたの独自性があるかを、面接官はチェックしています。当社に対する興味の深さ、志望意欲の高さ、あなたの職業観もチェックされます。

平凡な表現は避け、自分なりの言葉でその会社の印象を語るよう心がけましょう。しっかりと情報収集を行い、企業分析をして、その会社の印象を語ることが重要です。会社の印象を語りながら、志望動機の強さ、入社意欲をアピールしましょう。

(6)あなたはなぜこの業界を志望するのですか?

その業界を志望する理由、仕事に対するものの考え方、職業観が問われています。情報収集や分析を行い、業界について正確に把握しているかも面接官は見ています。

情報収集や分析を行い、その業界についての正確な知識を持っていることが重要です。「業界を志望する理由」と「その会社を志望する理由」は絡めて考えておくように。あなたがその業界で何をやりたいのか、どんなことを実現したいのかをアピールする

4、あなたの現在の就職活動に対する質問

(1)あなたは何を基準に企業を選んでいますか?

あなたの職業観、価値判断、仕事に対するものの考え方、夢や目標に対する質問です。企業を選ぶ際にどんな要素を重視しているのか、その優先順位がチェックされます。

職業観、価値判断、仕事に対するものの考え方、夢や目標を明確にしておきましょう。仕事を通して何を達成したいのか、どんな目標を持っているのかを絡めて語りましょう。情報収集をし、企業分析を行えば、自分なりの「企業選びの基準」が見えてきます。

(2)あなたの職業観を教えてください。

あなたは仕事をどう位置づけているのか、仕事で何を実現したいのかという質問です。あなたの仕事に対する考え方、価値観、判断力、分析力を面接官はチェックしています。

仕事に対してどんな思いを抱いているのか、どんな目標を持っているのかを語ろう。自分の仕事に対する考え方や姿勢、価値観などを絡めて本音で話をしましょう。これはあなたの就職に対する真剣さ、真面目さ、本気度合いが測られる質問です

(3)他にどんな企業を受けていますか?

志望動機の強さや、あなたが仕事で何をやりたいのかを面接官は見ています。どんな企業を受けているかで、志望動機の強さやあなたの職業観が判断されます。

仕事に対する考え方や志望動機の強さをアピールできるような回答を用意しましょう。全ての企業を答える必要はありません。その企業と関連性のある企業名を挙げて、 自分が仕事で何をやりたいのかを、面接官に伝える必要があります。

(4)他社の就職活動の状況を教えてください。

あなたが他社をどのように評価し、どのように分析しているかを面接官は見ています。どんな内容をどんな風に語るかで、あなたの頭の回転力やかしこさを判断します。

これは正直に答える方がいい。嘘をついてそれがバレたら、その時点で即アウトです。だが自分の評価が下がることまで、正直に話す必要はない。馬鹿な奴だと思われるだけ。他社の選考で駄目だった場合は、なぜ駄目だったのかを分析して話をすることが重要。

(5)既に内定をもらっている企業はありますか?

あなたの就職活動の方法、考え方、姿勢、戦略的な思考も面接官はチェックしています。あなたが他社をどのように評価し、どのように分析しているかを面接官は見ています。

これは正直に答える方がいい。嘘をついてそれがバレたら、その時点で即アウトです。「その会社とうちの会社、どちらを選ぶの?」と聞かれた場合も、正直に答えましょう。

(6)当社に落ちた場合は、どうしますか?

あなたの仕事に対する考え方、価値観、判断力、分析力を面接官はチェックしています。失敗やミスがあった場合の、物事に対する危機管理意識、対処法を面接官は判断します。仕事に対する目標、夢や実現したいことにこだわりや強い意欲があるかも見られます。

「全く考えていません」というのはマズイ。危機管理意識がないと判断されてしまいます。「御社しか眼中にありません/御社一本です」という回答も嘘くさいと思われます。自分のやりたいこと、夢や目標を実現させるために、どうすべきかを答えましょう。

(7)社会人と学生では、何が一番違うと考えていますか?

社会人になる準備ができているか、社会人としての意識が備わっているかの質問です。「働く」ということへの自覚があるか、社会の厳しさが分かっているかも問われます。

「まだ学生なのでよく分かりません」というのは禁句。意識が低いと判断されます。あなたの仕事に対する考え方、価値観、姿勢をしっかりアピールすることが重要です。OB訪問やアルバイトなどの経験を通して、ビジネスの厳しさを学んでおきましょう。

5、あなたの興味関心事に対する質問

(1)最近読んだ本で、最も面白かったものについて教えてください。

あなたの物の考え方、価値観、興味の対象、関心の幅などを面接官はチェックします。普段どんな本を読んでいるかで、あなたの人間性が判断されます。

「就職活動が忙しくて読んでません」では駄目。好奇心や意欲が低いと判断されます。就職活動関連の本を挙げるのも避けた方がいい。つまらない学生だと思われます。日頃から本を読んでおく習慣をつけておくことが、何よりも大切です。自分の趣味、興味、夢や目標に関連する本を挙げ、その面白さを伝えることが重要です。

(2)最近の出来事で、最も興味を持ったものは何ですか?

社会に対する興味や関心の高さ、問題意識について面接官はチェックしています。あなたの物の考え方、価値観、興味の対象、関心の幅なども判断されます。一般論ではなく、自分なりの視点で物事を捉え、分析し、意見を持っているか。

日頃から社会に対する興味や関心、問題意識を持っておくことが重要です。自分の夢や目標、性格、考え方、価値観、職業観と関連する内容を語りましょう。社会の様々な問題に対し、自分の視点で自分なりの意見を言えるように心がけよう。

スポンサードリンク

(3)今朝の新聞で特にあなたの目を引いた記事について教えてください。

自分なりの視点で物事を捉え、分析し、自分なりの意見を持っているか。社会に対する興味や関心の高さ、問題意識について面接官はチェックしています。あなたの物の考え方、価値観、興味の対象、関心の幅なども判断されます。

新聞を毎朝読むのは社会人の常識。きちんと新聞を読む習慣をつけておきましょう。社会の様々な問題に対し、自分の視点で自分なりの意見を言えるように心がけよう。社会人としての高い意識を持ち、幅広い視野で情報を捉えることが大切です。

(4)何か質問しておきたいことはありますか?

当社について、仕事について、業界についてどこまで真剣に考えているかの質問です。どれだけ内容の濃い質問をするかで、あなたの知性や意識の高さが判断されます。

面接の最後に必ずといっていいほど行われる質問なので、必ず考えておくように。面接の最初にいきなり質問される場合もあるので、事前に準備して慌てないように。特にありません」は避けること。またあまりにも一般的で平凡な質問も良くない。志望意欲、入社意欲の高さが問われている質問です。自分のやる気や志望意識、意欲 の高さをアピールできるような質問ができれば、高評価につながります。

[@more@]

来自 “ ITPUB博客 ” ,链接:http://blog.itpub.net/10455649/viewspace-966395/,如需转载,请注明出处,否则将追究法律责任。

请登录后发表评论 登录
全部评论
  • 博文量
    59
  • 访问量
    56386